スプリンクラー設備に関する情報まとめ

消火の方法

万が一施設内で火災が発生した時、どうやって消火を行いますか?消火器を持ってきて消火するか、バケツに水を組んでバケツリレーで水を掛けるか、あるいは手近なホースで水を撒くかしかないと思いますが、火災の規模が大きくなればなるほどそれらは難しくなりますし、まずその場所に人がいること、その方法で消せる程度の火であることが条件としては必要になり、実際にはそういった事例は特に大規模な施設になればなるほど稀で、多くの場合は消火を考えるよりも逃げて、消防に連絡をすることが必要になります。では、そのまま施設が燃えるに任せて良いものでしょうか?もし病院や学校で火災が起きたらどうでしょう、火災の煙で窒息死したり、一酸化炭素中毒で倒れる犠牲者は多いでしょうし、退路が断たれて焼死、ということもあるかもしれません。倉庫や工場では、人員の損失以外にも機器類の焼損で操業停止に追い込まれる事も考えられますし、可燃物がある場合は爆発の危険があるので消火は極めて迅速に行う必要があります。

スプリンクラーの設置

ここで注目したいのは、まず広範囲を効果的に、しかも無人でも作動する即応性の高い消火設備です。人が介在しなければ行けない直接散水、消火器による薬剤散布では対応が遅くなるばかりか、それらでは対応できない程規模の大きな火災になる場合もあります。そういった場合に活躍するのがスプリンクラー消火設備です。スプリンクラーは天井や壁面に設置されており、火災の熱を感知して自動でスプリンクラーの放水口から散水を開始します。スプリンクラーは基本的に無人でも作動し、僅かな火災にもスプリンクラー自体が反応をすることが可能で、被害が拡大することを防ぐ効果があります。また、スプリンクラーは配管を設置すれば広範囲の消火も可能です。以上がスプリンクラーの特徴で、多くの施設でスプリンクラーを導入している理由となっています。スプリンクラーの利点をおさらいすると、無人で動作可能、広範囲への散水可能なことです。

スプリンクラーの設置義務

スプリンクラーの設置は小規模な建物、例えば一般の家庭では義務付けられていません。スプリンクラーの設置が必ず必要になるのは大規模な商業施設、大人数が集まる場所、危険物を取り扱い場所などきちんと法律によって定められており、これに違反することは法律違反として罰則の対象になるとともに万が一の火災の時に被害が大規模になり、多くの死傷者、経済損失を出すことになるので、施設の管理者、もしくは設計者はそのことも念頭に入れなければいけません。